田中大地のwebサイト

長らくホテル住まいで、1ヶ月だから本当に長らくと言う印象なのだけど、今朝ようやく段取りを終えて新居に入居できた。最後までオーナーが印を押すとか押さないとか、入居当日まで家に本当に住めるのかわからないことは、ひどくストレスフルだった。日本では味わえない、異国の地の商習慣にゲンナリした。

物件の最終確認やらで一時間近くのやり取りを経てようやく新居でひとりになったときの安堵感。
長く住んでいたわけでもないのに、落ち着きを得られること、家を決めるということはこういうものなのかもしれない。
1ヶ月も同じホテルに泊まったことはなかったが、ホテルは最後まで他人の部屋でしかなかった。

ここよりももっとアクセスのいい物件はあった。けど、生活のイメージを一番感じたのはここだった。
コンドミニアムの敷地内にジムもプールもフットサルコートもある。カラオケやシアタールームまである。普通に買うと2億円するそうだ(そもそもシンガポールは不動産が異常に高いのだからだけど)
これまで住んできた家とは程遠い。けど言いえぬ落ち着きがあった。

昨晩、買い物から戻ってきた夜10時、遊具施設の芝生の山から子供たちがキャハハハといいながらゴロゴロ転がってきた。子供たちの笑顔を見て、僕も思わず顔がにやけた。最後まで迷ったけれど、ここにして良かったと思った。

interlace

さて、新居にひとり。部屋はがらんどうだ。
生活をイチから作っていこうと、コンドミニアムから出ているシャトルバスに乗って、走ること10分VIVOCITYというショッピングモールに行った。セントーサ島の入り口になっている新しい施設だ。

朝から水を飲んでいないことに気づいたのでスーパーを覗いてみる。大きい!奥まで見渡せないくらいだ。たぶんシンガポール1の大きさではないだろうか。これまで通っていたスーパーの5倍くらいは広い。

ここならと思い、探したら、やっぱりあった、自転車!
こっちの人は交通機関が安いからか、ただ暑いだけだからなのかわからないが自転車にほとんど乗らないらしい。でもせっかく自然がいっぱいのとこに住むのだから、と自転車は買おう、とお手頃な価格のものをいくつか試し乗り。同じ自転車をローカル版AMAZONのLAZADAを見ると、30ドルくらいネットのが安かった。日本とやってることは同じだな、とひとりごち笑う。そらそうだ、これは旅ではなくて生活だもの。

ベスト電器が入っていたので、携帯見たり、炊飯器見たり。プロモーションされているティファールの炊飯器を見ていたら陽気なオバチャン、ジェニファーが、これまじおすすめと言ってくる。半額近くになっていて、フライパンがサービスでついてきて、しかもジェニファーから買うとティファールの電気ケトルをつけてくれると言う。彼女曰く「Only me. Secret」だそうだ。

もう1軒の電気屋でも確認して、やはりジェニファーから買うのが良さそうと思ったので、戻り購入の意思を伝える。ジェニファーは数分前にも別のお客さんの成約を勝ち取っていたので、今日はホクホクだろう。彼女のボーナスなどに貢献するといいのだが。

スーパーで包丁などのキッチン用品や野菜や肉を買ったりしていたら大荷物になってしまったので一旦家に戻る。気づいたら夜の8時をまわっている。荷物をおいて、もう一度外へ。そういえばまだ布団すらないのだ。歩いて10分の所にあるIKEAへ。ベッドやマットレスは配送に最短で3,4日しかも時間指定不可で、午前10時~午後2時しか配送できないという。休日に受け取るしかなさそうと、しばらくはマットレスの上に敷く布団?みたいなものだけで寝ることを決める。

supermarket

大きな布団を背負って家に戻る。もう夜の11時だ。今日は忙しい日だった。買ったものを並べたら楽しくなってきた。

全く切れない包丁で料理。にんじんをみじん切りにしようと思ったがこの包丁では1日かかりそうだ。急遽ざく切りに変更し、ティファールの炊飯器でご飯を炊く。しまったジャスミンライスをジャパニーズライスモードで炊いてしまった。出来上がりが心配だったがまあまあいける。友達たちから餞別にもらった味噌汁がうますぎて泣けてきてしまった。

シンハーを開け、ひとり引っ越し祝い。
手探りだけど、こうしてひとつずつ生活を取り戻していくのだ。

1day

コメントを残す