田中大地のwebサイト

1月14日(月)、その日東京は稀に見る大雪だった。
そんな日に、『次の朝は他人』が見せる美しい雪のシーンに、「偶然」出くわした観客は、その自身の映画体験をなんらかの理由づけをしてみたくなる欲求にかられるだろう。
(当然、劇場を後にした誰しもが目の前の悲惨さに、やはり映画中における雪は幻想でしかなかったのか、と思わざるをえないわけだが。)

映画における雪と言えば、夜の台北から、雪の夕張へと浮遊して見せる『ミレニアム・マンボ』(侯孝賢)が最も印象的に残っているわけだが、『次の朝は他人』の主人公・映画監督が雪中に見せる表情は、あるいは突然のキスシーンは、決してそれに劣らぬ素晴らしいシーンを持つ、冬の映画である。
朝になることをサインに、主人公だけが、おぼろげに記憶を残しているかのような素振りを見せつつも、他の誰もが記憶を失くし、ほとんど唐突なまでに映画は反復する。
朝になる度に、繰り返す、しかし少しずつ違う、僕たちはその「違い」(あるいは「同じ」)を発見する優雅な遊戯に没頭するだろう。
主人公自らが言うように、「人は無数の『偶然』を勝手に紐づけ、『理由づけ』したがる」ものなのだから、僕たちはその宣言通りに、「反復と違い、そして同じの間」を楽しめばいい。これも1つの映画的楽しみなのだ。

その甘美な楽しみに身をひたらせていると、そう言えば最近も同じような遊びをした気がするな、と思い出す。
そう、三宅唱の『Playback』である。(書いていて思い出したが、彼が生まれ故郷の北海道で撮り上げた前作『やくたたず』も素晴らしい雪の映画であった。)『Playback』もその名の通り、あるサインで主人公だけが記憶を残したまま映画は繰り返す。2度目には、その違いを楽しむことに没頭したものだ。
さらに、共通点はそれだけに留まらない。モノクロの美しく、そして実験的な映像。かつては映画で名を馳せたが、現在は落ち目、という主人公の境遇までも類似している。

全くこのような映画たちが、ほぼ同時期に公開されたことは、なんたる「偶然」か、と喜びを隠せない。
この偶然を「韓国と日本で映画同士が呼応しあっているのではないか」なんて理由づけして遊んだとしても、誰にも責められはしないだろう。

■関連記事
『Playback』(三宅唱)

“『次の朝は他人』(ホン・サンス)と『Playback』(三宅唱)の共感。” への1件のフィードバック

  1. akttkc より:

    反復、そして偶然。とても奇妙で美しい映画だった。

コメントを残す