田中大地のwebサイト

2014年9月現在日本未公開の映画の中から良かったものたちをリストアップしてみます。

What If(マイケル・ドース)
ダニエル・ラドクリフくんは、ずっとハリポタのイメージ消えなかったんだけど、ようやくこの映画で脱却した気がするなー。顔は『(500日の)サマー』的なモテないラブコメ主人公にはぴったりだし!『ルビー・スパークス』は全然だったのだけど。これは内容的にも日本公開間違いないと思う。



Party Girl(Marie Amachoukeli、Claire Burger、Samuel Theis)
タイトルからして最高でしょ。パーティーガール。なのに主人公老人。最近の映画会社の日本への配給の基準のひとつが、「老人か子供が主人公の映画」だそうだから(老人か子供が出てたらヒットする。て、ばかな話。)きっと日本にもかかるんじゃないかと。カンヌ、カメラドール受賞。



LAND HO!(マーサ・スティーブンス)
おじいさんが旅する映画にも食傷気味だが、これは引き込まれたなー。トライベッカ映画祭で上映されるにぴったりな雄大な自然とおじいさん!



What Richard Did(Lenny Abrahamson)
フィルムに危うさを焼き付けるという点で、ものすごい才能っす。アイルランド期待の新星。



The Dirties(Matt Johnson)
テーマ的には、カナダ版『桐島部活やめるってよ』笑
スクールカースト最下層のいじめられっこたちが映画撮る。ほんとダーティーでいいっすよ。
主演の子が『エレファント』の主人公が来てたTシャツ着てて笑った。



Han Gong-Ju(Lee Su-jin)
暗いのが続きますが。ロッテルダム映画祭作品賞受賞。韓国の新たな才能。



世界には未だ見ぬ素晴らしい作品たちがいっぱいありますね。
願うならば、日本で劇場で日本語字幕で見たい!まあ一番いいのは『Begin Again』だけどね!

コメントを残す